ツイッターのトラブル解消

【トラブル解決】Twitterでよく起こるやっかいな不具合4つ

投稿日:

【トラブル解決】Twitterでよく起こるやっかいな不具合4つ

twitterを使っていると、さまざまな不具合にみまわれることがあります。初心者やたまにしか使わない人にとっては、ちょっとした不具合でもやっかいなもの。ここでは、そんなtwitterでよく起こる不具合と、その解決法についてご紹介したいと思います。

 

1:ユーザー名が思い出せなくなった

【トラブル解決】Twitterでよく起こるやっかいな不具合4つ

まず、twitterの初心者やたまにしか使わない人によくありがちなトラブルに、自分のユーザー名が思い出せなくなってしまうということがあります。

この場合は、アカウント登録時に使ったメールアドレスとパスワードがあればログインできるので、解決することができます。

また、最近では電話番号の登録を進めるようなメッセージも表示されるようになっています。

電話番号を登録しておくだけで、次からは電話番号のみでログインできるようになります。

スポンサーリンク

 

2:アカウントが乗っ取られた

【トラブル解決】Twitterでよく起こるやっかいな不具合4つ

twitterアカウントを久しぶりにのぞいたら、知らない誰かにアカウントを乗っ取られていた・・・なんていうことも珍しくありません。

もし乗っ取り被害に逢ってしまった場合は、まずパスワードのリセット申請をする必要があります。

こちらのURL(https://twitter.com/account/begin_password_reset)で、メールアドレスか電話番号かユーザー名を入力し、あなたのアカウントを検索します。

そして必要な手順に沿ってパスワードをリセットしましょう。

その後、登録しているすべてのメールアドレスにtwitterから届いたメッセージを確認し、アカウントを取り戻す手順をふむことで復活できる場合があります。

 

3:登録したメールアドレスが使えなくなった

【トラブル解決】Twitterでよく起こるやっかいな不具合4つ

アカウント登録時に入力したメールアドレスを使わなくなってしまったり、IDやPWを忘れてしまって使えなくなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

そのような場合には、アカウント設定でメールアドレスの変更をすみやかに行いましょう。

twitterのログインにはユーザー名とパスワードを使い、ログイン後にはアカウントの設定画面の中にある「メールアドレス」の項目に入り、新しいアドレスを入力し保存しましょう。

 

4:モバイル版にログインできなくなった

【トラブル解決】Twitterでよく起こるやっかいな不具合4つ

スマホやiPhoneでtwitter使っている人は、モバイル版にログインできず困ったことがある人もいるのではないでしょうか。

twiterではそのような場合、以下の方法が推奨されています。まず、特定の公式ページからパスワードのリセットを行う方法です。

パソコンから行う場合はtwitter.comから、モバイル版から行う場合はmobile.twitter.comからパスワードのリセットを行いましょう。これにより不具合が解決できる場合があります。

その他にも、スマホのキャッシュをクリアにする方法や、使っている端末のjavascriptを有効にすることで解決できる方法もあります。

ここまでご紹介したように、twitterにはさまざまな不具合がよく起こるもの。

もし実際に起こった場合には、慌てずここでご紹介した解決法を試してみてくださいね。


関連記事

-ツイッターのトラブル解消

Copyright© Twitterの裏技や使い方攻略30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.