ツイッターのトラブル解消

まだ間に合う!削除したTwitterアカウントは復活できる

投稿日:

まだ間に合う!削除したTwitterアカウントは復活できる

twitterのアカウントを削除したあとに、やっぱりやめとけばよかった・・・と後悔したり、どうしても使わざるを得なくなってしまって困ったことはありませんか?

ここでは、そんなtwitterアカウントを一度削除したあとに、もう一度復活させる方法をご紹介したいと思います。

 

なぜ削除したアカウントを復活できるの?

まだ間に合う!削除したTwitterアカウントは復活できる

そもそも、一度削除したアカウントのデータがなぜ復活できるのか、不思議に思う方も多いと思います。復活できる理由は一つ。

実はあなたが削除したと思っているデータはtwitter側に全て残っているからです。

こう聞くと、個人情報やあなたの過去の投稿がまるでtwitterに利用されているように思えるかもしれません。

スポンサーリンク

ただし、あなたのアカウントのデータが残っている期間は30日間だけなのでご安心を。

これは、アカウントを削除した人が途中で復活するときにスムーズに再利用できるよう用意されたサポートなのです。

 

ただし、削除してから30日以内に限る

まだ間に合う!削除したTwitterアカウントは復活できるしたがって、アカウントを削除しても削除した日から30日以内であれば、いつものログインですぐ復活することができます。

ログインする際は、いつも使っているパソコンのtwitter公式サイトからログアウトされた状態になっています。

したがって初めてログインするときと同じように、ユーザー名とパスワードを入力してログインしましょう。

これだけで、まるで何ごとも無かったかのように再び利用することができます。

ちなみに、いつものログインと手順は同じですが、復活させるときはモバイルアプリからは操作できません。

かならずパソコン版で行うようにしましょう。

スポンサーリンク

 

復活したアカウントのフォロワーは残っているの?

まだ間に合う!削除したTwitterアカウントは復活できる

アカウントを復活できても、フォロワーが消えてしまっている!と困る人もいるかもしれません。

復活したばかりはフォロワーが消えてしまっている場合がありますが、これはデータ復旧の誤差が生じているだけで、しばらくするとフォロワーも元通りになります。

また、フォローしているアカウントも継続して見れますし、過去にあなたが投稿したツイートも履歴から確認できるようになります。

 

削除から30日を過ぎてしまったら復活は不可能

まだ間に合う!削除したTwitterアカウントは復活できる

アカウントを削除してから30日を過ぎてしまった場合は、残念ながら復活することはできなくなってしまいます。

この場合は、新しいアカウントを作ってゼロから立ち上げる必要があります。

新しいアカウントを作るには、twitterの公式サイトから「新規登録」のボタンをクリックし、ユーザー名やパスワード、メールアドレスを入力して送信するだけで出来ます。

また、削除から30日を過ぎた場合は、前に使っていたユーザー名と同じものを使うこともできます。

ただし、他の誰かが偶然にも先に同じユーザー名で登録してしまった場合には、残念ながら使うことができません。

反対に、も削除してから30日以内に同じユーザー名で新しいアカウントを作ろうとすると、前のアカウントのデータがまだtwitter上に残っているため、登録することが出来ません。

これは登録するメールアドレスも同じです。

同じユーザー名やメールアドレスを使ってゼロからアカウントを作りたい場合は、前の分を削除して30日以上たってから再登録してくださいね。


関連記事

-ツイッターのトラブル解消

Copyright© Twitterの裏技や使い方攻略30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.