ツイッターのトラブル解消 ツイッターの登録・変更方法

Twitterをやめても情報は残る?正しい退会方法とその注意点

投稿日:

Twitterをやめても情報は残る?正しい退会方法とその注意点

twitterアカウントを使わなくなってしまった、SNSで頻繁に投稿するのが面倒になってしまったなど、さまざまな理由でtwitterを退会する人も増えています。

ここでは、そんなtwitterアカウントの退会方法と、退会にまつわる注意点をご紹介したいと思います。

 

twitterアカウントの退会方法とは

Twitterをやめても情報は残る?正しい退会方法とその注意点

まず、twitterアカウントの退会方法は、まずパソコンで行う必要があります。

スマホやiPhoneなどアプリからは退会できませんので、必ずパソコンを用意しましょう。

インターネットブラウザからtwitterを表示させたら、画面右上にあるあなたのアカウントのアイコンをクリックします。

スポンサーリンク

すると小さなメニュー画面が表示され、その中に「設定」ボタンがありますのでそれをクリックしましょう。

すると、あなたのアカウント詳細情報が記載されたページへ飛びます。

画面左側にメニューがリスト化されて載っていますので、その一番上にある「ユーザー情報」をクリックしましょう。

ページの一番下までスクロールすると、小さく「アカウントを削除」というメニューが表示されています。

これをクリッックしてください。パスワードを入力し、アカウントの削除を確認すれば完了です。

 

アカウント削除しても30日間は保存されている

twitterアカウントの退会方法でもっともよく注意しておきたい点は、退会したつもりでも最初の30日間はデータが保存されているという事です。

これは、間違って削除してしまった際や後々やっぱりアカウントを使用したいと思ったときに、便利に復活できるよう設定されている機能です。

したがって、退会しても30日以内であれば簡単にアカウントを再利用することができます。

スポンサーリンク

 

同じユーザー名やメールアドレスで、別アカウントを作りたい場合

Twitterをやめても情報は残る?正しい退会方法とその注意点

いま使っているユーザー名やメールアドレスを使って、別のtwitterアカウントを作りたい場合は、通常と少し違った退会方法があります。

まず、いま使っているtwitterのアカウント情報の設定画面から、ユーザー名やメールアドレスを任意の別の情報に変更しておきます。

その後、先ほどご紹介した方法でそのアカウントを削除する必要があります。

削除が完全に終わってから、新規でtwitterアカウントを作る際に同じユーザー名やメールアドレスが使えるようになります。

 

Twitter退会後でもネット上に残ってしまう情報とは?

Twitterをやめても情報は残る?正しい退会方法とその注意点

twitterを退会したからといって、全ての情報がネット上から完全に消え去るわけではありません。

たとえば退会直後の30日間はアカウント情報がtwitter上に保存されているため、ツイート内容がtwitter上で紹介されたり、誰かにRetweetされる可能性があります。

また、検索インデックスなどに古いのキャッシュが残っていると、古いリンクが表示されることがあります。

このように、twitterの退会方法そのものは簡単ですが、これまで投稿したツイートや履歴を完全に消すのは非常に困難です。

投稿する内容には充分気をつけて、気持ちのよい利用方法を身に付けてくださいね。


関連記事

-ツイッターのトラブル解消, ツイッターの登録・変更方法

Copyright© Twitterの裏技や使い方攻略30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.